電子タバコは普通のタバコとどう違うのか

普段吸われているタバコは、悪臭やヤニが気になるところです。また、健康にもよくないです。しかし電子タバコは、ニコチンやタールもありませんから健康を気にしなくてもいいですし、においも良いです。従来のタバコの違いとは電子タバコでは、香りを付けた水蒸気を吸引するところです。タバコの葉を一切利用しないで、グリセリンなど食品添加物と香料を混ぜたリキッドと呼ばれる液体をバッテリーで加熱して水蒸気にして吸引するところです。また、従来のタバコと違い、水蒸気つまりタバコの煙に当たるその量は安価なタバコよりも多いものもあります。煙の質にしても、タールを発生しませんし、悪臭や副流煙、ヤニなども発生しません。さらに、電子タバコで従来のタバコの禁煙ができるのかどうかについては、口さみしさを紛らわすのに十分であり、実際に利用して劇的に従来のタバコの本数が減ったという話いくつもあります。

一般のタバコから電子タバコへ

電子タバコについてですが、発生した水蒸気を吸ったり吐いたりする行為をベイプ、またはベイピングと言います。一般のタバコは害だらけと言われていますが、煙に含まれている物質で癌になる確率の上がる大元がタールになります。タバコを吸うことで一酸化炭素が体内で作られることも、動脈硬化に繋がる健康被害を及ぼす原因と言われています。ですが、電子タバコはタールや一酸化炭素を含まず、それでも一般のタバコと同じような感覚を体感できる優れた商品です。タバコは普通、価格にはたばこ税や地方たばこ税、そして消費税など色々合わせて65%近くの税金がかかってきます。電子タバコに変えることで、大幅なコストダウンが可能となります。一日単位で考えたらあまり感じませんが、一ヶ月、半年と考えていくと正直勿体無いですよね。しかも健康を意識するとなると、タバコを吸うのが少し胸が痛みますからね。

お財布の為にも電子タバコを

通常のタバコを吸う行為はスモークと言いますが、電子タバコは水蒸気を吸ったり吐いたりという行為を、ベイプやベイピングと呼びます。タバコはあまり体に良くないから吸わない方がいいと言われていますが、煙に含まれる発がん性のある大元がタールです。がんの他に、喫煙により一酸化炭素が体の中で沢山作られることも、動脈硬化などの健康被害が出る危険性があります。しかし、タールや一酸化炭素を含まず、まるで通常のタバコを吸っている感覚になることができるのが電子タバコです。タバコには通常、消費税からその他税金が多くかかってきます。全てトータルすると約65%程の金額になります。通常のタバコからシフトすることで、大幅にお金を節約できるのではないでしょうか。毎日習慣で何となしに吸うタバコですが、それが半月、一ヶ月となってくると意外に出費がかさむことに気づくでしょう。

一般的な電子タバコはバッテリーとリキッドを入れるアトマイザーとマウスピースから組み立てられます。 お菓子やフルーツ風味など、喫煙者でなくても試したくなるリキッドがいっぱい。 副流煙が出ないので、周囲の人にも迷惑がかかりません。 初めての方は、スターターキットなど初心者向けの商品から始めるのがおすすめです。 →これから電子タバコを始める方はこちらのサイトがおすすめです